• 印刷する

労働省と経営者協会、人材不足解消へ提携

カンボジア労働省とカンボジア経営者・ビジネス協会連盟(CAMFEBA)は11日、人材不足の解消や生産性の向上を図る「産業別技能開発委員会(SSC)」の設立に向け合意した。両者が協力し、労働市場の底上げを図る。クメール・タイムズ(電子版)が12日伝えた。 

まずは熟練労働者の需要が最も高い、自動車修理、建設、電気工事、製造の4分野でそれぞれSSCを設立する。CAMFEBAの助言に従い、他の分野でも順次SSCを開設する方針だ。

労働省のピク・ソファン長官は「民間と協力することで業種ごとに必要な技能を見極め、人材育成に向けた施策やプログラムを実施する」と説明した。CAMFEBAのバン・ソーイエン会長は「経営者のニーズや市場の需要を満たすプログラムを開設する」と語った。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

上場企業に新税優遇措置 免税対象拡大、経済活性化に弾み(01/18)

EU向けのコメに輸入制限、18日発動(01/18)

縫製・製靴工場の8割、月2回賃金開始(01/18)

18年の工場新設、19%増の178件=工業省(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

スバイリエンの靴工場で休業補償求め抗議(01/18)

独BASFが子会社、販路開拓へ(01/18)

シアヌークビル、ゴミ回収車など増強(01/18)

覚醒剤3.3キロ密輸疑い、男を告発(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン