国民審査で国側争う姿勢、在外邦人投票権訴訟

【共同】最高裁裁判官の国民審査を巡り、海外に住む日本人が投票できないのは違憲だとして、米国在住の映画監督想田和弘さん(47)ら5人が、投票できる地位の確認などを国に求めた訴訟の第1回口頭弁論が11日、東京地裁(林俊之裁判長)で開かれ、国側は争う姿勢を示した。 想田…

関連国・地域: 日本
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

農業の高付加価値化へ支援を 物流や人材育成、緬商議所が訴え(10/17)

温暖化でビール高値に、大麦収穫減=今世紀後半(10/17)

誠品生活が19年秋に日本出店 三井不の商業施設、複数店展開も(10/17)

オン・オフライン融合の新店舗 国内初、オネストビーが開業(10/17)

トヨタ、グラブと新車購入支援 提携具体化、ASEAN初の試み(10/17)

東レがフィルター合弁設立 空気清浄機用、アジア需要に対応(10/17)

トリドール、外食人材育成校を開校(10/17)

米小売りシアーズ破綻、かつて業界首位も客離れ(10/17)

バングラ新工場を年内に稼働 二輪ホンダ、インド勢を追撃(10/17)

三井住友FG、NSW州と覚書 シドニー西部開発で協力、邦銀初(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン