国民審査で国側争う姿勢、在外邦人投票権訴訟

【共同】最高裁裁判官の国民審査を巡り、海外に住む日本人が投票できないのは違憲だとして、米国在住の映画監督想田和弘さん(47)ら5人が、投票できる地位の確認などを国に求めた訴訟の第1回口頭弁論が11日、東京地裁(林俊之裁判長)で開かれ、国側は争う姿勢を示した。 想田…

関連国・地域: 日本
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

日本政府、ミャンマーと環境分野の協力強化(13:53)

トルコが米をWTO提訴へ、追加関税は協定違反(08/22)

対中関税で価格上昇懸念、公聴会で反対意見噴出(08/22)

HCM市でモーターショー、15ブランド出展(08/22)

日本の果物ケーキを続々発売 東海堂、「目新しさ」に重点(08/22)

農業強化へデータ集積、政府がTPP発効見据え(08/22)

賓仕国際の日本チーズケーキ店、全店閉鎖へ(08/22)

対日本企業投資が過去最高、株主対話背景に(08/22)

ベトジェット、1月にハノイ―成田線就航(08/22)

NSW州LNG輸入、浮体式設備導入へ(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン