7~9月期の雇用増、約3年ぶり高水準

人材派遣大手の米マンパワーグループが12日発表した雇用動向調査によると、2018年7~9月期にシンガポールで雇用を「増加」させる企業の割合から「減少」させる企業の割合を引いた「純雇用予測(季節調整済み)」は、プラス12%だった。4~6月期のプラス11%を上回り、2015年10~12月期以来の高水準となっている。

調査に回答した670社のうち、増員を予定しているのは17%と、4~6月期の16%からやや増加。人員削減を予定しているのは5%で、横ばいだった。現状維持と答えた企業は72%から70%に減少。未定は7%から8%に増えている。

業種別の純雇用予測は、調査対象となった7業種全てでプラスとなった。最も数値が高かったのは金融・保険・不動産でプラス26%。過去3年で最高の水準を記録した。これに運輸・公益(プラス13%)、製造(プラス12%)、公共部門・教育(プラス12%)、サービス(プラス10%)が続く。最も低いのは鉱業・建設でプラス3%だった。

マンパワーのシンガポール事業責任者、リンダ・テオ氏は「経済開発庁(EDB)が最近公表した調査で、製造各社は今後数カ月に事業の改善を予想していることが明らかになっており、雇用増の見通しに驚きはない」と説明。その上で「半導体部品の需要が減速すれば、雇用拡大のペースも鈍化するだろう」と今後に慎重な見方を示した。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール東部のゲイ…(06/19)

5月輸出は前年同月比16%増 予想上回る伸び、非電子が好調で(06/19)

高速鉄道よりもマレー鉄道活用を 政府、改修案を前向き検討か(06/19)

熊本企業、個人間電力小売りで地場社と提携(06/19)

セムコープ、国内の太陽光発電事業を買収(06/19)

セノコエナジー、初の太陽光発電事業開始(06/19)

三浦工業、現法がバングラに駐在員事務所(06/19)

ダイキアクシス、現法が増資を実施(06/19)

ブレッドトーク、ヤンゴンで3店舗目開業(06/19)

5月の民間住宅販売、前月比53%増(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン