• 印刷する

マックス、シェルとの給油所事業提携を再考か

ミャンマーの大手財閥マックス・ミャンマー・グループ傘下のマックス・エナジーは、給油所事業で2017年に結んだ、英蘭系石油メジャー、ロイヤル・ダッチ・シェルとの提携の見直しを検討しているもようだ。現地紙セブンデー、ミャンマー・タイムズなどが伝えた。

昨年7月、両社はマックス・エナジーが国内40カ所余りで展開する給油所をシェルブランドに転換することで合意。3年以内に国内200カ所以上にシェルブランドの給油所を開設する計画を示していた。しかし、今なおシェルブランドの給油所は国内で開業していない状態だ。

マックス・エナジーは提携見直しの理由を明らかにしていないが、ミャンマー・タイムズによると、マックス・エナジーの担当責任者は、同社が国内事業を長期的視野で再検討していると述べた。セブンデーは、マックス・エナジーにとって、シェルのブランドを掲げての給油所展開は、品質保持などの点でコストがかかりすぎていると報じている。シェルからの燃料輸入は従来通り継続するもようだ。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

政府、数年内に対GDP税収率15%目指す(10/19)

日本支援で投資促進計画 事業環境改善を加速(10/19)

〔寄り道〕「喉が渇いていますか?僕ので…(10/19)

外資規制緩和でイオンが認可、商業省(10/19)

格付けフィッチ、経済成長率を下方修正(10/19)

携帯MPT、電子書籍サービスを開始(10/19)

英政府とスイス系企業、小口保険の振興支援(10/19)

ラカインリゾート地での夜市に認可(10/19)

提訴されたイレブン記者ら、保釈を請求(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン