• 印刷する

マックス、シェルとの給油所事業提携を再考か

ミャンマーの大手財閥マックス・ミャンマー・グループ傘下のマックス・エナジーは、給油所事業で2017年に結んだ、英蘭系石油メジャー、ロイヤル・ダッチ・シェルとの提携の見直しを検討しているもようだ。現地紙セブンデー、ミャンマー・タイムズなどが伝えた。

昨年7月、両社はマックス・エナジーが国内40カ所余りで展開する給油所をシェルブランドに転換することで合意。3年以内に国内200カ所以上にシェルブランドの給油所を開設する計画を示していた。しかし、今なおシェルブランドの給油所は国内で開業していない状態だ。

マックス・エナジーは提携見直しの理由を明らかにしていないが、ミャンマー・タイムズによると、マックス・エナジーの担当責任者は、同社が国内事業を長期的視野で再検討していると述べた。セブンデーは、マックス・エナジーにとって、シェルのブランドを掲げての給油所展開は、品質保持などの点でコストがかかりすぎていると報じている。シェルからの燃料輸入は従来通り継続するもようだ。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

日本留学への関心高まる フェア、過去最高の2千人来訪(08/20)

関西電力、マンダレー近郊で水力発電所(08/20)

通貨安で経済界と協議予定、スー・チー氏(08/20)

中銀、7月末から累計700万ドルを売却(08/20)

スーチー氏、19~22日にシンガポール訪問(08/20)

ラカイン諮問機関、最終報告書を提出(08/20)

コフィ・アナン氏が死去=ラカイン問題に勧告(08/20)

貢献に謝意、アナン氏死去で社会福祉相(08/20)

【予定】20日 対中制裁第3弾でUSTR公聴会ほか(08/20)

米、ミャンマーに制裁=ロヒンギャ迫害理由(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン