潜水艦建造、法人減税を困難に コスト2千億$超か

オーストラリア連邦政府が新型潜水艦12隻を建造すれば、建造と退役するまでの潜水艦の維持費などで関連費用が最終的に2,000億豪ドル(約16兆7,360億円)以上と巨額となり、ターンブル政権が公約する法人税を一律25%まで引き下げる減税案を実現する余裕がないとの恐れが出ている。…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

独企業、QLDで廃棄物利用の発電所を提案(15:21)

香港不動産ESR、プロパティリンク買収か(15:21)

サンコープ、利益優先で証券委の警告無視(15:21)

SIAカーゴ、医薬品向け輸送サービス提供(09/21)

テイクオフ:オーストラリアの4大銀…(09/21)

4フィンガーズ、豪社の株式50%取得(09/21)

日系人材ウィル、豪同業QAを買収(09/21)

石炭火電の改修と新設の支援、エネ相が検討(09/21)

豪石炭事業に影響も、丸紅の石炭火電撤退で(09/21)

LNG輸出、原油価格高と豪ドル安が追い風(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン