• 印刷する

アマゾン委託先工場の労働条件、団体が批判

米国の非政府組織(NGO)チャイナ・レイバー・ウオッチ(CLW)は、ネット通販大手の米アマゾン・コムが中国本土の生産委託先工場から極めて安価に製品を調達している結果、同工場の労働者が劣悪な労働条件を強いられていると批判した。ニュースサイトの新浪網などが11日伝えた。

CLWが問題にしているのは、湖南省衡陽市にある台湾系富士康科技集団(フォックスコン・テクノロジー・グループ)傘下の工場。同団体は9カ月にわたった調査の結果として、同工場で働く労働者の賃金が低い上、残業時間は月100時間超と、国の法令が定める上限の月36時間を大幅に超えていると指摘。その原因は、アマゾンが同工場から人工知能(AI)スピーカーを1台40米ドル(約4,400円)という安値で調達していることにあるとの見方を示した。

賃金が安いことから、同工場の労働者は一定の収入を維持するために異常な長時間労働を余儀なくされているとCLWは分析している。

アマゾンは11日、衡陽フォックスコンの工場で労働法令違反が行われていることを認めたという。


関連国・地域: 中国-全国台湾米国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

全国のPM2.5濃度、9月は16.7%改善(10/19)

若者狙いの中国限定新SUV、現代自が投入(10/19)

大橋開通で複数業種に恩恵 物流や観光など、専門家指摘(10/19)

経済政策と元安に不満強める 米、為替操作国認定は見送り(10/19)

中国科学院、香港に出先機関設置へ(10/19)

日本とともに保護主義反対、中国商務省(10/19)

中国ベスト、タイで宅配事業開始(10/19)

海外からの対中投資、1~9月は2.9%増(10/19)

マイカー保有台数、1.8億台を突破(10/19)

相次ぐEV発火事故、安全性に不安の声(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン