• 印刷する

テイクオフ:世界中で急速に普及が進…

世界中で急速に普及が進む配車アプリ。乗車拒否や料金の過剰請求といった面倒を回避できる点が魅力で、インドも例外ではなく、配車大手のステッカーを貼ったタクシーやオートリキシャ(三輪タクシー)を目にする機会が増えている。

ただ個人的には、アプリをダウンロードしたものの、利用方法を完全に理解しておらず、まだ様子見の状況。流しの車両を拾い、そのたびに料金交渉に臨んでいる。運転手に料金を尋ねても、逆に「いくら払う」と返され、つい多めの額を払うといった受難の日々が続いている。

先日、三輪タクシーを利用した際も少し多めの額を提示してしまったためか、ドライバーは終始上機嫌。「いつでも連絡して」と笑顔で電話番号を告げられた。彼の車に配車アプリのステッカーはなく、時代の波に乗り遅れた者同士、奇妙な絆で結ばれたような気がした。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

プラ製品シータイ、越やインド事業を強化(04/19)

テイクオフ:インドのカレーは日本と…(04/18)

日系工業団地の魅力を紹介 ジェトロ主催、印は最多の7団地(04/18)

タタ自、電気自動車のラインアップを拡充へ(04/18)

EV新興企業、最初の車両を交通局に登録(04/18)

正新のインド工場、19年末にフル稼働へ(04/18)

自動車部品シャルダ、ドイツ企業と合弁(04/18)

クボタのトラクター販売3割増、1万台強に(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン