テイクオフ:世界中で急速に普及が進…

世界中で急速に普及が進む配車アプリ。乗車拒否や料金の過剰請求といった面倒を回避できる点が魅力で、インドも例外ではなく、配車大手のステッカーを貼ったタクシーやオートリキシャ(三輪タクシー)を目にする機会が増えている。

ただ個人的には、アプリをダウンロードしたものの、利用方法を完全に理解しておらず、まだ様子見の状況。流しの車両を拾い、そのたびに料金交渉に臨んでいる。運転手に料金を尋ねても、逆に「いくら払う」と返され、つい多めの額を払うといった受難の日々が続いている。

先日、三輪タクシーを利用した際も少し多めの額を提示してしまったためか、ドライバーは終始上機嫌。「いつでも連絡して」と笑顔で電話番号を告げられた。彼の車に配車アプリのステッカーはなく、時代の波に乗り遅れた者同士、奇妙な絆で結ばれたような気がした。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

CKビルラ傘下、EV部品などに60億ルピー(13:59)

テイクオフ:お墨付きというものは、…(06/20)

EV普及は20年が加速地点 タタ配電、充電所など電力網強化(06/20)

住商が農薬の販社設立(06/20)

車メーカーの投資、今後2年で5800億ルピー(06/20)

ベンツ、新モデルを全てBS6対応に(06/20)

台湾ゴム材メーカー、印西部に工場設置計画(06/20)

トリンブル、自動操舵トラクターの発売計画(06/20)

米の冷凍食品メーカー、インド工場を計画(06/20)

【アジア労務データ集】消費者物価指数(166)(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン