• 印刷する

EUの投資判断、ラカイン問題で慎重に

欧州連合(EU)は、ミャンマー西部ラカイン州の難民問題などを背景に、同国への投資に慎重な姿勢を強めている――。同国の首都ネピドーで行われた「EU・ミャンマー経済フォーラム」で、EU関係者らがこのような見解を示した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が11日伝えた。

在ミャンマー・ポーランド大使館からの参加者は、「ミャンマーとEUの貿易は拡大傾向にあるが、『国境付近の問題』で投資をためらっている企業もある」と指摘。EUのクリスチャン・シュミット駐ミャンマー大使も「EUの企業は、ラカイン州の安定と平和を投資決定の必要条件と考えている」と述べた。

ミャンマーでは現在、EUの300社以上が事業を展開。投資総額は約66億米ドル(約7,250億円)に上り、このうち約3分の1が2017年に実行された。

ミャンマーとEUの貿易額は約5億米ドル。EU・東南アジア諸国連合(ASEAN)ビジネス評議会のドナルド・カナク会長は経済フォーラムで、「ミャンマーは税制や税関手続き、決済インフラの整備などを進める必要がある」と述べた。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本支援の多目的港が完成 ティラワ、貨物増で今後も拡張(12/17)

台湾BenQ、ミャンマーで大型投資検討(12/17)

テレノール、欧州信用情報サービスと提携(12/17)

災害リスク保険、日本や後発3カ国が覚書(12/17)

鉄鋼需要が年12%成長、国内生産追いつかず(12/17)

国内初の信用調査機関、19年末の稼働目指す(12/17)

採掘免許の申請増、大半が不備で受理されず(12/17)

インド支援の農業教育研究センターが開所(12/17)

米タイム誌、今年の人にロイター記者を選出(12/17)

日本と東南ア5カ国、災害リスク保険で覚書(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン