• 印刷する

中国―トルコ間の鉄道輸送開始、嘉里物流

香港物流大手の嘉里物流聯網(ケリー・ロジスティクス・ネットワーク)は11日、中国の江蘇省連雲港市からトルコまでを結ぶ鉄道貨物輸送サービスを開始したと発表した。中国の習近平政権が掲げる現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」沿線でのサービス強化に向けた動きの一環。

鉄道輸送は連雲港を出発して、カザフスタンやコーカサス地方などを経由し、トルコの各都市まで結ぶ。輸送時間は18~20日。電子部品や鉱物資源、自動車部品、工業製品などの輸送を見込む。輸送量に応じた車両数を組むことが可能という。

嘉里物流は中国から同じルートでトラックを活用した輸送サービスも展開。輸送時間は鉄道よりも早い12~14日で、現在50台のトラックを確保している。

嘉里物流は2016年8月、浙江省義烏市―スペイン・マドリード間の鉄道輸送サービスを開始。17年4月には英ロンドン―義烏間も始めた。


関連国・地域: 中国香港中央アジア欧州
関連業種: 運輸サービス

その他記事

すべての文頭を開く

外食の太興、香港・本土に100店新設へ(13:53)

テイクオフ:このあたりにチャーシュ…(01/21)

悲観傾向が3年ぶり強さ 1Q大手景況感、貿易摩擦が影響(01/21)

深センの18年経済規模、香港超えか(01/21)

19年の香港経済2.5%成長に鈍化へ、DBS(01/21)

中小企業7割、一帯一路に興味も参入困難(01/21)

広東省の工場、春節前に早期の生産停止も(01/21)

第三者装い大同株取得、金管会が中国企業処罰(01/21)

ヤンゴンのカンタヤセンター、正式開業(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン