アビアレップス、デュシタニの広報業務受託

観光業界に特化した広報・マーケティング事業を手掛けるアビアレップス(東京都新宿区)は11日、タイのホテル大手デュシタニの海外事業部門、デュシット・インターナショナルから、日本での広報代理業務を受託したと発表した。

アビアレップスの早瀬陽一社長はNNAに「日本におけるメディア露出を増やすことで、デュシタニグループのより一層の認知およびブランド力の向上を達成できるように努める」と語った。

デュシット・インターナショナルは、1948年に設立。「デュシタニ」や、「デュシット・プリンセス」、「デュシットD2」、「デュシット・テワラナ」など、タイを中心に4つのホテルブランドを展開している。2019年には、ミレニアル世代(1980~90年代生まれ)向けの新ブランド「アーサイ(ASAI)」ホテルを、タイの首都バンコクやフィリピンのセブ島、ミャンマー最大都市ヤンゴンなどで開業予定。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 観光・娯楽マスコミ・出版・広告

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:車に一人残るのが好きだ…(06/25)

電子・プラごみの輸入制限へ 手続き見直し検討、日本に打撃も(06/25)

一風堂、タイ初のバー併設店を開業(06/25)

5月の新車販売、28%増の8.5万台(06/25)

5月の新車販売(表)(06/25)

5月のメーカー別車輸出、4社が2桁増(06/25)

MG、小型車「MG3」の新モデル発売(06/25)

国内最大級の太陽光発電、タイニン省で着工(06/25)

タイ航空とエアバス、MRO設置で調印(06/25)

首都圏の共通乗車券、路線バスは導入遅延も(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン