• 印刷する

5月の二輪車販売台数、11%増の59万台

インドネシアの5月の国内二輪車販売台数(販売店への出荷ベース、確定値)は、前年同月比11%増の58万9,304台だった。3カ月連続で2桁増となった。

インドネシア二輪車製造業者協会(AISI)によると、上位2社のホンダとヤマハがそれぞれ前年同月比で2桁増、残る3社はいずれも2桁減だった。

地元メディアによるとセグメント別の割合は、スクーターが84%、スポーツモデルとアンダーボーンモデルがそれぞれ8%だった。

モデル別ではホンダのスクーター「ビート(BeAT)」シリーズが16万3,935台で28%を占めた。上位4位はホンダのモデルだった。

5月の二輪車輸出台数は65%増の5万2,321台だった。カワサキは、前年同月の320台から3.5倍に増加した。

1~5月の累計販売台数は前年同期比13%増の262万7,719台だった。累計輸出台数は46%増の22万6,444台で、昨年通年の輸出台数の5割を上回った。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:18日に待望のジャカル…(08/20)

教育と人材育成への優先配分 予算案、歳出入とも過去最大に(08/20)

EUとのFTA交渉、豪の自動車税廃止検討(08/20)

三菱自、MPV「エクスパンダー」を発売(08/20)

ロンボク島でM6.3、1人軽傷 津波なし(08/20)

首都MRT、車両第2弾が到着(08/20)

ダイハツ小売り販売、1~7月は8%増(08/20)

車両ローンの頭金ゼロに、近くOJK令で(08/20)

【予定】20日 対中制裁第3弾でUSTR公聴会ほか(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン