• 印刷する

10産業で技能労働者不足、労働省調べ

カンボジア労働省傘下の国家雇用機構(NEA)が実施した調査で、IT(情報技術)やホスピタリティーなど、10産業で技能労働者が不足していることが明らかになった。クメール・タイムズ(電子版)が11日伝えた。

スウェーデン国際開発協力庁(SIDA)との提携で調査を実施した。SIDAは2012年からNEAを支援している。技能労働者が最も不足しているのはIT産業で、ソフトウエアの開発技術者が足りていない。ホスピタリティー産業では、外国語でのコミュニケーション能力の高い人材が乏しい状況という。

医療分野では医療専門職のほか技術者、営業担当者などで熟練人材が少ない一方、労働市場の44%を占める繊維産業は、労働者不足が比較的低水準であることが分かった。

イット・サムヘン労相は調査結果を受け、「若年層や求職中の労働者の就労を促し、労働市場の活性化を図る」と述べた。カンボジアの就業率は99.3%で、約1,000万人が就労している。


関連国・地域: カンボジア欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

1~9月税収17%増、通年目標の約9割に(10/19)

不動産市場、10年で激変 首都のオフィス供給面積146倍(10/19)

Arinos、化粧品のネット通販開始(10/19)

政府、輸入車の審査基準策定を計画(10/19)

小口金融HKL、社債発行へ説明会開始(10/19)

国連支援で農業実態調査、800地区で実施(10/19)

1~9月交通事故死、3.1倍の1300人超(10/19)

【カンボジア経済通信】中銀がフィンテック導入促進 第338回(10/19)

7社にハラル認証付与 商業省、食品製造・飲食店に(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン