米朝会談、開催に伴う負担額は約16億円

シンガポールのリー・シェンロン首相は10日、史上初の米朝首脳会談が12日に開かれるのに伴い、同国が負担する開催費用は約2,000万Sドル(約16億4,200万円)に上ると明らかにした。 リー首相は地元メディアとの会見で、「警備費用が約半分を占める」と説明。「会談の重要性や規模…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スイートルームのホテル…(06/26)

Oバイクが国内サービス中止 自転車シェアへの新規制導入で(06/26)

5月消費者物価指数、0.4%上昇(06/26)

三井住友、UOBと法人カード発行で提携(06/26)

株価続落、昨年10月以来の安値水準(06/26)

人材派遣フルキャスト、地場企業に出資(06/26)

HDB、太陽光パネル事業の第3弾を発注(06/26)

空港利用者数、5月は6%増の529万人(06/26)

【予定】26日 小笠原諸島返還50年ほか(06/26)

MRTのトンネル工事で凍土壁設置、初の試み(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン