ラオスの首都バスが路線統合 空港―催事場間、日本が運営支援

日本の援助で整備が進められているラオス首都ビエンチャンの新しい公共バス「シティー2バス」が15日から、これまでの2路線を統合して運行を始める。ビエンチャン国際空港(ワッタイ国際空港)から、市中心部を通って催事場「ラオITECC(アイテック)」まで、乗り換えなしで…

関連国・地域: ラオス日本
関連業種: 運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

首都の商業地区が浸水、メコン川の水位上昇(08/21)

カンボジアとラオス、18年貿易2400万ドルに(08/20)

徴税強化を指示、国境で摘発拡大=財務省(08/20)

デジタル化対応めぐりCLMVTフォーラム(08/20)

国造りに活路、隣国から移転 パクセー特区戦略(下)企業の思い(08/17)

法律の実効性強化が必要、司法省(08/17)

「日系中小企業」に商機あり パクセー特区戦略(上)調整を重視(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン