2Q消費者信頼感は改善、8期連続の楽観圏

フィリピン中央銀行は8日、2018年第2四半期(4~6月)の消費者信頼感指数が3.8%だったと発表した。前期の1.7%から改善し、8四半期連続で楽観圏を維持した。治安の改善、家計収入の増加、雇用機会の増大、効果的な政府政策、家計貯蓄の増加への期待が指数を押し上げた。来期…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:一時帰国を前に、毎回や…(12/19)

日比EPA見直し来年妥結か 日本は完成車関税5%を要求(12/19)

配車サービス、新規登録2万台の募集開始(12/19)

韓国の起亜自動車、来年は販売1万台目標(12/19)

環境天然資源省、マニラ湾でも環境改善実施(12/19)

18日為替:$1=53.070ペソ(↓)(12/19)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(347)(12/19)

アヤラランド、300億円でミ島北部に複合開発(12/19)

アヤラ、セダホテル増設に212億円投資(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン