〔政治スポットライト〕中国対応で戦闘機F35の機能強化=豪空軍

オーストラリア空軍(RAAF)のゴードン少将はこのほど、導入が決まっている最新鋭ステルス戦闘機「F35」について、海洋覇権を強める中国などへの対応を視野に恒常的に機能を強化させる方針を明らかにした。オーストラリアンが伝えた F35には米軍事メーカー・レイセオン製…

関連国・地域: 中国オーストラリア
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:派手な安売り宣伝を強調…(06/18)

豪新政策、7月から続々実施 海外商品課税や電気料値下げなど(06/18)

TAS州予算案、インフラ投資を拡大(06/18)

三井伊藤忠BHP合弁、WAで鉄鉱開発(06/18)

WAの中堅エンジのSRGとGCS、合併へ(06/18)

豪大手銀格付け、規制強化でも維持=S&P(06/18)

内務省、アクセンチュアとの契約を早期終了(06/18)

豪政府、5G事業めぐり中国をけん制(06/18)

輸入コンテナに新税、業界が詳細情報を要請(06/18)

豪が港湾の国家戦略策定へ、貨物量の急増で(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン