車載電池の寧徳時代、11日に創業板上場

福建省寧徳市に本拠を置くエコカー用バッテリー大手の寧徳時代新能源科技(CATL)はきょう11日、深セン証券取引所の新興企業向け市場「創業板」に上場する。 深セン証券取引所によると、新株約2億1,724万株を公開する。上場目論見書では131億2,000万元(約2,241億4,300万円)…

関連国・地域: 中国-福建
関連業種: 自動車・二輪車その他製造金融


その他記事

すべての文頭を開く

イケアがEC全国展開、年内に149都市へ(08/17)

アパレル晶苑国際、5年内に生産能力2倍に(00:23)

【EV需要創出】EVタクシー100台を初導入 中国BYD製、9月から営業開始(08/17)

「貯蓄始めた」は半分足らず 若い世代、低い老後への意識(08/17)

中タイ高速鉄道、年内に工事入札へ(08/17)

〔寄り道〕「インドと中国の2大国に挟まれ…(08/17)

米中が貿易協議を再開、今月下旬に次官級(08/17)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(08/17)

韓正副首相、大湾区を「国際イノベ拠点」に(08/17)

海外からの対中投資、1~7月は2.3%増(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン