• 印刷する

KTの衛星事業、ネットサービス拡大へ

韓国通信大手KTの子会社で衛星事業を手掛けるKT SATは7日、海上や上空、山間部など、あらゆる場所に衛星インターネット接続サービスを提供する構想を発表した。KTグループぐるみで次世代の第5世代(5G)移動通信サービスと衛星通信間の技術標準化に取り組み、5Gサービスをどこでも利用できるようにする計画。

KT SATは「ハイパーコネクテッドモビリティー」を新ビジョンに掲げ、海上での衛星インターネット接続と航空機内のネット接続を両軸に据える。

船舶向けのネット接続サービスは、船舶に中継器を設置して超高速通信を無制限に利用できるようにしたもので、現在500の顧客を年内にその倍に増やす計画だ。日本や香港など海外営業に力を入れる。また今年、航空機内のネット接続事業にも参入する。日本海からアラビア海までカバーできる自社衛星を活用したサービスを海外事業者と準備中だ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

LGCNS、社内ベンチャー第1号を分社化(15:15)

ポスコエナジー、燃料電池事業を切り離しか(15:15)

ジンエアー免許取り消さず、当局が最終決定(15:15)

コンビニ・外食で省力化の波 賃金上昇で、決済インフラ活用(08/17)

テイクオフ:総勢96人の日韓中の美…(08/17)

韓国、香港で食品販売に注力 コスパに強み、韓流も追い風に(08/17)

主要30グループ、上期投資額が24%増(08/17)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(08/17)

半導体好景気まもなく終了か、懸念高まる(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン