• 印刷する

KTの衛星事業、ネットサービス拡大へ

韓国通信大手KTの子会社で衛星事業を手掛けるKT SATは7日、海上や上空、山間部など、あらゆる場所に衛星インターネット接続サービスを提供する構想を発表した。KTグループぐるみで次世代の第5世代(5G)移動通信サービスと衛星通信間の技術標準化に取り組み、5Gサービスをどこでも利用できるようにする計画。

KT SATは「ハイパーコネクテッドモビリティー」を新ビジョンに掲げ、海上での衛星インターネット接続と航空機内のネット接続を両軸に据える。

船舶向けのネット接続サービスは、船舶に中継器を設置して超高速通信を無制限に利用できるようにしたもので、現在500の顧客を年内にその倍に増やす計画だ。日本や香港など海外営業に力を入れる。また今年、航空機内のネット接続事業にも参入する。日本海からアラビア海までカバーできる自社衛星を活用したサービスを海外事業者と準備中だ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

OCI、太陽光発電インバーター事業に参入(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

経済団体と政府が懇談、最低賃金など意見交換(01/18)

財閥の「雇用世襲」廃止の動き、批判沸騰で(01/18)

産業銀行、構造調整担当の子会社設立へ(01/18)

データ・AI分野を育成、活性化計画発表(01/18)

現代自が米国で17万台リコールか=ロイター(01/18)

KT、「5Gバス」でキラーコンテンツ公開(01/18)

現代自「アイオニック」、19年モデル発売(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン