• 印刷する

タイ航空、ロールスロイスとエンジン整備

タイ国際航空と英航空機エンジン大手ロールス・ロイスは、バンコクのドンムアン空港にエンジンのメンテナンス施設を設けることで合意した。タイ航空の既存施設を改修して、エンジンの整備事業をする。両社の契約期間は10年で、営業開始後1年で10億バーツ(約34億円)の売り上げを目指す。8日付バンコクポストなどが伝えた。

タイ航空は第1期として2018~20年に5億バーツを研修や施設改修に充てる。ロールス・ロイスがタイ航空の整備士にノウハウを伝授する。18年第4四半期(10~12月)か19年第1四半期にロールス・ロイスのエンジン「トレント1000」の整備を始める。1年目は30基、その後3年で70~80基のエンジンのメンテナンスをする。売上高目標は1年目が10億バーツ、以後は年40~50億バーツを目指す。

タイ航空は3,500人の整備士がいるが、ロールス・ロイスとの新プロジェクトにより50~60人の人員を追加する。現在タイ航空のメンテナンス事業は売上高が年30億バーツで、商業・物流部門の総売上高1,600億バーツの一部にすぎないという。


関連国・地域: タイ欧州
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリア出身の世…(01/24)

18年車生産、2百万台達成 歴代3位、19年も国内けん引見込(01/24)

18年の輸出台数0.1%増、3年ぶりプラス(01/24)

総選挙は3月24日、勅令受け選管が発表(01/24)

18年の対タイ貿易額、36%増の84億ドル(01/24)

タクシン派の首相候補未定、親軍派は現首相(01/24)

WHA、中国EC京東と物流事業の合弁会社(01/24)

発電GPSC、エネルギー回収事業を取得(01/24)

外食ゼン、5年以内に年商345億円へ(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン