資源リオ、WA州で無人トラックの導入加速

英豪系資源大手リオ・ティントが今年に入って、西オーストラリア(WA)州ピルバラ地区の鉄鉱石事業における無人トラックの導入を加速している。同社は、無人トラックや無人貨物鉄道「AutoHaul(オートホール)」の導入、掘削設備の自動化などにより約850人の雇用削減を実現できる…

関連国・地域: オーストラリア欧州
関連業種: 自動車・二輪車その他製造運輸天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:地元のジュニア・バレー…(01/22)

今年の豪賃金、資源がけん引 大型プロジェクトが押し上げ(01/22)

石炭港で労組がピケ、ロックアウトに抗議(01/22)

〔政治スポットライト〕労働党、政府調達で地場企業利用義務付け(01/22)

電力網は熱波で限界、停電の危険=AEMO(01/22)

豪横断ガスライン、政府は採算性に疑問(01/22)

製造レマパックが破綻、ガス価格高騰で(01/22)

鉄道からトラックへの切り替え困難=大手企(01/22)

豪ジェットスター、乗客乗せすぎ判明(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン