• 印刷する

海賊版ソフトウエア利用66%、わずかに改善

ソフトウエアメーカーの業界団体、ザ・ソフトウエア・アライアンス(BSA)が発表した世界のソフトウエアに関する報告書によると、2017年のタイの海賊版ソフトウエアの利用率は66%で、15年の69%からわずかに改善した。7日付バンコクポストが報じた。

BSAでタイのカントリーマネジャーを務めるワルニー氏によると、タイ警察による取り締まりの強化や、違法ソフトウエア使用の危険性を広めるキャンペーンの実施などが奏功した。ただ、アジア太平洋地域全体の利用率は57%で、タイは依然として地域の水準を上回った。

ワルニー氏は「タイはソフトウエアの利用に関する法令順守やITの危機管理で、依然として大幅な改善が必要だ」と指摘した。

タイの17年の海賊版ソフトウエアの利用による被害額は、7億1,400万米ドル(約786億円)だった。

BSAは調査会社IDCと共同で、110カ国・地域を対象に調査を実施。全体の17年の海賊版ソフトウエアの利用率は37%で、15年の39%からわずかに減少した。


関連国・地域: タイ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクのタマサート大…(12/16)

バンコク銀がプルマタ銀買収 来年に2900億円で、海外事業強化(12/16)

来年に1米ドル29.25バーツ予測=アユタヤ銀(12/16)

ダウェーへの送電網は年度内に着工、大統領(12/16)

13日為替:$1=30.208(↓)(12/16)

トランスコスモス、化粧品「江原道」販売(12/16)

11月の新規バイク登録、6.9%減の13.6万台(12/16)

豪ホンダ、全車で次世代からHV導入(12/16)

中華電信、タイCATとスマート都市推進(12/16)

地域別の新規バイク登録台数(19年11月)(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン