製造業のAI活用が拡大へ バイタリフィ、検品などで提案

ベトナムの製造業で、人工知能(AI)の活用が広がる兆しを見せている。ベトナムでのオフショア開発やスマートフォン向けアプリケーションの企画・開発を手掛けるバイタリフィ(東京都渋谷区)は、不良品や異物の混入を発見するシステム開発などで提案を開始している。 バイ…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

三菱自、19年販売は倍増狙う 人材と設備の強化で好調堅持(01/21)

JAいわて中央、HCM市でリンゴの販促(01/21)

マイリンとリエンベト銀、電子財布で決済(01/21)

エスペック、越に製品サポート拠点(01/21)

デジワールド18年は増収増益、売上は1.5倍(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

ICT産業の売上高、18年は990億ドル(01/21)

韓国のICT貿易、中国・ベトナムが好調(01/21)

製薬業界、薬価抑制などで19年の見通し低調(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン