• 印刷する

香港空港の物流拠点、アリババ系が運営へ

香港空港管理局(AAHK)は6日、香港国際空港(チェクラプコク空港)に設ける高付加価値物流センターの管理・運営権を巡る入札で、電子商取引(EC)中国本土最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)の傘下企業などで構成する合弁会社が落札したと発表した。物流センターは2023年の稼働を予定している。

合弁会社はアリババ系物流企業の菜鳥網絡科技、中国国際航空の親会社である中国航空集団、中国宅配大手の圓通速逓(YTOエクスプレス)で構成し、物流センターの設計、建設、投資、管理を担う。香港経済日報によると、投資額は約120億HKドル(約1,680億円)に上る見通し。

物流センターは同空港の南貨物エリアに位置し、敷地面積は約5万3,000平方メートル。建屋の総面積は38万平方メートルを予定し、香港域内で3番目に大きな物流倉庫となる。アジアのスマート物流ハブとして、クロスボーダーEC(越境EC)向けに運用し、本土を中心に各地で高まる越境ECの需要を取り込む。薬品をはじめとする温度管理が必要な商品も取り扱う。貨物の処理に当たっては自動化システムを採用する。計画では年間数千万件の小包を処理する。

AAHKは、同空港の第3滑走路が24年から供用を始めることなどを挙げ、物流センターには大きな商機があると説明した。

菜鳥網絡は5月末、浙江省杭州市、アラブ首長国連邦(UAE)・ドバイ、ロシア・モスクワ、マレーシア・クアラルンプール、ベルギー・リエージュの世界5都市にグローバル物流拠点を建設する構想を発表。世界全地域に商品を72時間以内に配達する物流体制を構築するアリババの戦略で、今回香港も加わった。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

HKT、ウエスタンユニオンと送金で提携(12:32)

Xマス団体旅行、日本は苦戦 香港株安と貿易戦が重しに(11/15)

遊園地の茘園、提携で成都にゴーカート場(11/15)

香港美容見本市、日本の高い技術力をPR(11/15)

ソファ製造の敏華、ベトナム工場を拡張へ(11/15)

仮想銀の免許発給、来年1Qにずれ込みか(11/15)

東亜銀会長、「フィンテックに注力」(11/15)

反落、相場支える材料なく=香港株式(11/15)

理工大とアリババ、AI研究で協力強化(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン