• 印刷する

国連系と配車グラブ、首都の渋滞対策で協力

国連開発計画(UNDP)とシンガポール系配車アプリ大手のグラブは5日、カンボジアの首都プノンペンの交通渋滞対策に協力することで合意した。グラブのアプリを利用する運転手から収集したデータを活用し、交通の効率改善や安全性の向上、大気汚染の低減に役立てる。

協力期間は3年で、50万米ドル(約5,500万円)をUNDPとグラブが拠出する。グラブで東南アジア事業を担当するラッセル コーエン氏は「カンボジアの交通問題を取り組む初の官民連携事業になる」と語った。

UNDPカンボジア事務所代表のニック・ベレスフォード氏は、「企業の社会的責任を超えた価値ある取り組みで、民間と公的団体の提携の新しいモデルになる」と話した。

スン・チャントル公共事業・運輸相は、プノンペンでの事業が成功すれば、北西部シエムレアプや南部シアヌークビルにも協力を拡大する考えを示した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

新輸送基本計画、来年半ばに策定完了(12/06)

シアヌークビルに監視カメラ、600台設置へ(12/06)

大型複合施設ピーク、請負業者を変更(12/06)

南部カンポットで高級別荘、地場・仏合弁で(12/06)

アンコール遺跡群収入、1~11月は14%減(12/06)

新韓銀行、カンボジアで電子決済サービス(12/06)

ビッグC、店舗増設などに来年は230億円(12/06)

越からのFDI、1~11月は4.6億ドル(12/06)

気候リスク指数で日本ワースト、比が2位(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン