• 印刷する

国連系と配車グラブ、首都の渋滞対策で協力

国連開発計画(UNDP)とシンガポール系配車アプリ大手のグラブは5日、カンボジアの首都プノンペンの交通渋滞対策に協力することで合意した。グラブのアプリを利用する運転手から収集したデータを活用し、交通の効率改善や安全性の向上、大気汚染の低減に役立てる。

協力期間は3年で、50万米ドル(約5,500万円)をUNDPとグラブが拠出する。グラブで東南アジア事業を担当するラッセル コーエン氏は「カンボジアの交通問題を取り組む初の官民連携事業になる」と語った。

UNDPカンボジア事務所代表のニック・ベレスフォード氏は、「企業の社会的責任を超えた価値ある取り組みで、民間と公的団体の提携の新しいモデルになる」と話した。

スン・チャントル公共事業・運輸相は、プノンペンでの事業が成功すれば、北西部シエムレアプや南部シアヌークビルにも協力を拡大する考えを示した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

ファーウェイ制裁に懸念 スマホ利用者、サービス停止も(05/23)

証取所の出来高950万株、過去最高を更新(05/23)

シアヌークビル州、トラック通行規制を検討(05/23)

ハラル認証、18年は39社に付与=商業省(05/23)

国際機関の農業支援、6億ドルに=農水相(05/23)

豚肉価格が上昇、越からの輸入停止で(05/23)

割賦ティティコン、二輪不振で目標引き下げ(05/23)

ナガ3号館の計画書まだ 財務経済省、着工時期は未定(05/22)

中銀、経済安定へリエル供給を継続(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン