• 印刷する

世銀成長見通し5.2%、0.1ポイント下方修正

世界銀行は5日に発表したインドネシア経済報告書で、今年の実質国内総生産(GDP)成長率見通しを5.2%と発表した。3月に発表した前回予測から0.1ポイント引き下げた。外的要因が不安定化していることから、成長を押し下げるリスクが増えるとみている。

民間消費支出額と政府歳出の成長率予測も下方修正し、それぞれ前回予測から0.1ポイントと1.0ポイント引き下げた。

世界経済が低迷することで、インドネシアの貿易量も減少すると予測。民間消費支出の伸びは微増にとどまる見通し。一方でコモディティー価格の改善を背景に、投資額は堅調に伸びると予測した。

為替相場は前回予測から330ルピア高の1米ドル=1万3,880ルピアとなる見通し。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ガス契約をルピア建てに、陶磁器協会が要請(13:20)

スマホで電子商取引、週1回以上が3割に(15:26)

AP2、来年デジタル関連の設備投資を倍増(16:19)

テイクオフ:フェイクニュースという…(10/18)

イトーキ、首都に現法設立 事業拡大で3年後売上高5億円に(10/18)

豪州、TPP11を批准 参加4カ国目、発効に向け前進(10/18)

溶接コンテスト、非日系企業参加者が初優勝(10/18)

インドネシアとのFTA、破棄せず=労働党(10/18)

ジョコ大統領の支持率60%、最新世論調査(10/18)

パスコ、航空宇宙庁の衛星情報事業を支援(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン