• 印刷する

テイクオフ:外国にいると、どうせ周…

外国にいると、どうせ周りには分からないと思って日本語であけすけな話をしていることがある。海外といえども誰が聞いているか分からない。品の無い話や独り言には注意が必要だ。

タクシーで遠回りをされたとき、急いでいたこともあってつい不満を漏らしてしまったことがある。運賃を支払って別れ際に、「道に迷ってすみません」と日本語で謝られたときには「しまった!」と赤面した。内容がどうあれ、聞かれていないと思っていた話が実は筒抜けだったというのは穴があったら入りたい気持ちだ。

近ごろは日本に帰国すると、インドネシア語が聞こえてくる場面も増えた。彼らもまた、後ろに並んでいる日本人がインドネシア語が分かるなどとは知らずに大声でプライベートな話をしている。順番を譲られ、つい「マカシ(ありがとう)」と言いそうになるのをぐっとこらえた。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

年末年始のトラック通行規制、大臣令を公布(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

亜鉛メッキ鋼板の年産能力、来年40万トンへ(12/14)

LPG製造スルヤ、アンモニア生産を倍増へ(12/14)

電通イージス、初の女性CEOが就任(12/14)

ゴーゴープリント、インドネシア企業買収(12/14)

BPバタムの運営権限、バタム市に委譲(12/14)

クアラタンジュン港にクレーン3基が到着(12/14)

11月のセメント販売量、伸び率が大幅鈍化(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン