• 印刷する

テイクオフ:外国にいると、どうせ周…

外国にいると、どうせ周りには分からないと思って日本語であけすけな話をしていることがある。海外といえども誰が聞いているか分からない。品の無い話や独り言には注意が必要だ。

タクシーで遠回りをされたとき、急いでいたこともあってつい不満を漏らしてしまったことがある。運賃を支払って別れ際に、「道に迷ってすみません」と日本語で謝られたときには「しまった!」と赤面した。内容がどうあれ、聞かれていないと思っていた話が実は筒抜けだったというのは穴があったら入りたい気持ちだ。

近ごろは日本に帰国すると、インドネシア語が聞こえてくる場面も増えた。彼らもまた、後ろに並んでいる日本人がインドネシア語が分かるなどとは知らずに大声でプライベートな話をしている。順番を譲られ、つい「マカシ(ありがとう)」と言いそうになるのをぐっとこらえた。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ガス契約をルピア建てに、陶磁器協会が要請(13:20)

スマホで電子商取引、週1回以上が3割に(15:26)

AP2、来年デジタル関連の設備投資を倍増(16:19)

テイクオフ:フェイクニュースという…(10/18)

イトーキ、首都に現法設立 事業拡大で3年後売上高5億円に(10/18)

豪州、TPP11を批准 参加4カ国目、発効に向け前進(10/18)

溶接コンテスト、非日系企業参加者が初優勝(10/18)

インドネシアとのFTA、破棄せず=労働党(10/18)

ジョコ大統領の支持率60%、最新世論調査(10/18)

パスコ、航空宇宙庁の衛星情報事業を支援(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン