• 印刷する

「高専」モデル、ベトナム全国に展開へ

ベトナム政府は、産業人材育成の高度化を目指し、日本の高等専門学校(高専)の教育モデル導入に向けた検討を始めた。商工省は既に一部の大学で試験的に「コウセン」コースを導入しており、傘下の工業大学での全面展開に向け準備を進めている。日本からは国立高等専門学校機構(高専機構、東京都八王子市)が協力している。

商工省は、傘下の工業系大学のうち北部・中部・南部にある4校をまずパイロット校に指定し、教材開発、実習やグループディスカッションなどを取り入れた実践的な授業を始めている。日本の高専は5年制だが、ベトナムではまずは大学に3年制のコースを設ける。高専機構や日本各地の高専の教員らが、現地の教員らに研修を行い、ノウハウを移植する。商工省はパイロット校での成果を踏まえ、その他の大学にもコースの展開を図る。

工業国化を目指すベトナムでは、大型プラントの建設などが進むが、オペレーターや維持・管理を担う機械保全や電気技師などの人材が不足する。高専機構は国際協力機構(JICA)事業として2013年に、ホーチミン工業大学タインホア分校(北中部タインホア省)をモデル校として高専教育の移管に取り組んできた。

JICA事業は18年4月まで行われ、ベトナムで高専教育への理解が進んだほか、モデル校で5Sなどを教えた学生らに対し企業から高い評価が得られた。成果を受けて商工省は、全国展開する方針を固め、高専機構が引き続き協力することとなった。

実践的な技術者人材が育成できれば、進出日系企業にも役立つ。コース卒業生の就職を支援する高専機構の杉本和英氏は、「企業と連携して、ニーズに応えられるような技術者を教育していきたい」と抱負を語っている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

次代を担う「Z世代」に注目 影響力は大きく、購買決定の70%(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

エプソン、BtoB商品を一斉投入(10/19)

HCM市都市鉄道1号線、20年完成は困難(10/19)

韓越が覚書、港湾開発・運営など協力を強化(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

ハノイ、停滞の都市区案件4件を取り消しへ(10/19)

韓国企業、ブンタウにゴルフリゾート開発へ(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン