中国傾倒から等距離外交へ 事業見直しで姿勢示す

高速鉄道や東海岸鉄道などマレーシアで進んでいた大型インフラ事業をマハティール首相が次々と見直していることで、「中国離れ」との見方が出ている。マレーシアの政府系ファンド「1MDB」の不正疑惑を抱えたナジブ前政権が中国の資金力を頼っていたことに国民が不信を募らせて…

関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本ではバブル崩壊後か…(01/16)

ペナン州自転車シェアが快調 リンクバイク、国営石油も導入検討(01/16)

RM=26.4円、$=4.09RM(15日)(01/16)

第3国民車の試作車、3月までに公開へ(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

プロトン、海外勢と協業で4700万リンギ調達(01/16)

KTM複線化、TSRが土木工事受注(01/16)

不動産トロピカーナ、Wホテル売却を否定(01/16)

チャハマタ、リン酸添加物の合弁に追加出資(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン