• 印刷する

20年には中間層1000万人=ヨマが見通し

ミャンマーの大手財閥サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー(SPA)傘下でシンガポール取引所(SGX)上場のヨマ・ストラテジック・ホールディングは、2020年までに同国の中間所得層人口が1,000万人に達すると予測して事業を推進している。イレブン電子版が5月31日伝えた。

同社のメルヴィン・パン最高経営責任者(CEO)が、同社の見通しとして語った。パンCEOは、「ヨマは同国の食品・飲料市場で最大手になることを目標としており、増加する中間所得層にサービスを提供していきたい」と述べた。ヨマはグループ傘下企業が米系ファストフードチェーン「ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)」20店舗余りをフランチャイズ展開するほか、年内に中国の火鍋専門店「小肥羊(リトルシープ)」の1号店を開業する計画を明らかにしている。

国連経済社会理事会(ECOSOC)傘下の開発政策委員会(CDP)が3年ごとに発表する報告書によると、ミャンマーの人口は5,300万人超で、国民1人当たりの国民総所得(GNI)は1,255米ドル(約13万7,000円)。日額4,800チャット(約390円)の法定最低賃金が定められているにもかかわらず、同国は世界で最も賃金の低い国の1つになっている。

オーストラリアの人材会社エムエムワン(MMOne)・オンライン・グループが運営する求職ウェブサイト「ジョブネット・ドットコム・ミャンマー(Jobnet.com.mm)が昨年12月、人材関係の専門家約300人を対象に実施した調査では、外資企業の給与は地場企業の2~3倍だった。ミャンマーでは貧富の差が拡大しつつある。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

グローバル化指数が急上昇 貿易増が貢献もインフラに課題(02/22)

農村へ金融知識、日本人起業家が冊子発行(02/22)

越書記長、ラオス・カンボジア歴訪へ(02/22)

1月のインフレ率は6.94%、前月上回る(02/22)

チン州初の空港が近く完成、交通改善に期待(02/22)

外貨持ち高を自己資本の20%以内に、中銀(02/22)

マンダレー郊外で大規模開発、ゴルフ場など(02/22)

SMI、10~12月売上高は16.6%減少(02/22)

地場研究所、英のリスク管理研修機関に認定(02/22)

政策実行の指令、中央政府の作業部会に集約(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン