• 印刷する

ラクオリアの合弁設立、ZTE問題で遅延

医薬品の研究開発(R&D)を手掛けるラクオリア創薬(名古屋市)は5月31日、通信設備・機器の中興通訊(ZTE)傘下の中興康寧生物科技(上海市)と合弁会社を設立する計画について、当初予定からずれ込むと発表した。米国政府によるZTEへの制裁措置の影響という。

合弁会社は中興瑞科利(仮称)で、当初は5月に設立される予定だった。ZTEが制裁の影響で主要事業を停止し、グループ内での体制見直しが必要となったことで計画が遅延。今後は、6月上旬に中興康寧生物科技が中国当局に申請し、9月ごろの設立認可取得を見込む。

中興瑞科利は江蘇省南通市に設立する。資本金は1,000万元(1億7,000万円)の予定で、出資比率はラクオリアが35%、中興康寧生物科技が65%。医薬品の臨床開発を手掛ける。

米国政府は今年4月、米国企業がZTEと取引することを今後約7年間にわたり禁止する制裁措置を発動。イランへの禁輸措置違反に関連し、関わった社員に対して賞与減額などの処分を行わなかったことや、米政府に対し2度にわたり虚偽の報告をしていたことが理由としている。


関連国・地域: 中国-江蘇日本米国
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東シナ海と太平洋に挟ま…(06/21)

リコール3年連続1千万台超 制度開始から15年、定着進む(06/21)

米中首脳会談前に閣僚級協議、商務省認める(06/21)

中揚光電、7.7億元投じ台中の生産ライン拡張(06/21)

上海企業、米中摩擦で自転車生産を移管(06/21)

行政費用を引き下げ、電波や商標など(06/21)

華為技術、香港との海底ケーブル敷設を計画(06/21)

排出権の取引、累計で二酸化炭素3.1億トン分(06/21)

科学技術分野の人材育成、中国に支援要請(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン