韓国でベトナム投資過熱、株価下落で打撃も

韓国でベトナムへの株式投資が過熱している。韓国人による海外株式型ファンドのベトナムへの投資金額は、2018年1月に4,418億ウォン(約444億9,220万円)だった。5月30日付ソウル経済新聞が伝えた。 1月以降も好調に推移しており、2月が累積5,451億ウォン、3月が6,876億ウォン…

関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国企業がスマホ市場を席巻 シェア4割獲得、中価格帯で勝負(08/22)

HCM市でモーターショー、15ブランド出展(08/22)

ハノイ都市鉄道1号線、入札結果を取り消し(08/22)

ベトジェット、1月にハノイ―成田線就航(08/22)

越の車輸入制限、引き続き影響=工業連盟(08/22)

大宇建設の業績好転へ、越事業など好調で(08/22)

アジアパイルHD、フェコン傘下企業を買収(08/22)

鉄鋼輸出、1~7月は40%増の340万トン(08/22)

【予定】22日 チームスピリットが東証マザーズ上場ほか(08/22)

タイビンの洗剤工場、キューバで認可(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン