• 印刷する

5月企業景況感、1ポイント上昇の78

韓国銀行(中央銀行)が発表した2018年5月の製造業の景況感指数(BSI)は78となり、前月に比べ1ポイント上昇した。大企業の景況感が改善して、2月連続の上昇となった。

BSIは基準値(100)を下回ると、景気が「悪化した」と感じる企業が、「良くなった」と感じる企業より多いことを示す。1,715社の製造業が回答した。

企業規模別では、「大企業」(85)が3ポイント上昇した。「中小企業」(69)は1ポイント下落した。「輸出企業」(83)は横ばい、「内需企業」(75)は1ポイント上昇した。

項目別では、「売り上げ」(85)、「稼働率」(90)がそれぞれ3ポイント上昇。「製品販売価格」は4ポイント上がった。

非製造業(1,063社回答)のBSIは82と2ポイント上昇した。

一方、18年6月のBSI見通しは、製造業が80と1ポイント下落。非製造業は82と1ポイント上昇した。

BSIと消費者心理指数(CSI)を組み合わせた5月の景況感指数(ESI)は前月より0.2ポイント上昇し97.7となった。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ポスコ、船舶環境装置向け鋼材を量産(12:59)

公開要求に違法判決、化学物資関連の情報(13:01)

テイクオフ:テレビを見なくなったの…(09/19)

観光業界、値下げ相次ぐ 社会混乱で需要減、回復に時間(09/19)

日本を輸出優遇国から除外 事実上の対抗措置、対立深まる(09/19)

中国勢がスマホシェア争い ネット販売加速、実店舗も強化(09/19)

優遇除外の影響「限定的」、日本貿易会会長(09/19)

8月の訪日韓国人5割減、日韓関係悪化で(09/19)

自動車産業、操業日減で全分野マイナス(09/19)

撤退説浮上の韓国日産、最上級セダン発売(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン