車載で2400億円投資、パナが3極体制で電池生産

【共同】パナソニックは30日、東京都内で2018年度の事業方針説明会を開き、電気自動車(EV)向け電池など車載・産業分野で2,410億円の設備投資を行うと明らかにした。大規模投資で日本、米国、中国の世界3極で電池の生産体制を拡充し、収益力を強化する。車載・産業分野の営業利…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

NSW州LNG輸入、浮体式設備導入へ(18:15)

学習塾の京進、シドニーの英語学校を買収(18:15)

トヨタに賠償命令267億円、シートに問題(08/21)

東京都心の水族館をPR 横浜八景島、海外で観光客誘致(08/21)

りたりこ、韓国の補聴器メーカーに出資(08/21)

「自主開発」実は米社技術、中国IT企業が謝罪(08/21)

【この人に聞く】NECが金融専門部門を設置 高まる新技術の需要に迅速に対応(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

トピー工業合弁、西部でホイールの生産開始(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン