ソニー、スピーカー専門の店舗を開設

ソニー・マレーシアは30日、スランゴール州の大型商業施設「サンウエー・ピラミッド」にスピーカー専門の店舗を開設した。重低音が楽しめる「エクストラベース(EXTRA BASS)シリーズ」でワイヤレス型スピーカー3モデルの発売も発表した。

専門ストアは、世界に先駆けてマレーシアで初めて開いた。店舗面積は650平方フィート(約60平方メートル)。ソニー・マレーシアの荒井聡社長は、「マレーシアでは若い世代を中心に人気のヒップホップ音楽は東南アジア地域でも成長分野だ」と話し、場所を選ばず、持ち運びできるワイヤレス型スピーカーへの関心が高いとみている。荒井社長によると、マレーシアでのシェアはヘッドフォンが50%、ワイヤレス・ヘッドフォンが35%で、「学生がターゲット層だ」と語った。

サンウエー・ピラミッド周辺には教育機関も多い上、10代の若者が好む店舗が並んでおり、絶好のロケーションとみている。現在、他地域への出店計画はなく、荒井社長は「まずはここで顧客の反応を確認したい」と話した。

新たに投入するワイヤレス型スピーカーは、「SRS―XB41」「SRS―XB31」「SRS―XB21」の3モデル。充電式で持ち運びでき、重量はそれぞれ1,500グラム、890グラム、530グラム。価格については、6月1日に発表する予定。

「エクストラベース」シリーズを扱うスピーカー専門店を開業したソニー・マレーシアの荒井社長(右から2番目)=30日、スランゴール州(NNA撮影)

「エクストラベース」シリーズを扱うスピーカー専門店を開業したソニー・マレーシアの荒井社長(右から2番目)=30日、スランゴール州(NNA撮影)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 商業・サービス観光・娯楽マスコミ・出版・広告社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアで、オースト…(06/20)

円借款、邦銀も供与に前向き 災害対策や高齢化問題でも支援(06/20)

RM=27.4円、$=4.00RM(19日)(06/20)

製造業連盟、電気料金据え置きを要求(06/20)

CMSB、サラワクの道路保守契約1年延長(06/20)

サイエンティレンス、来年にもACE上場へ(06/20)

フードパンダ、17年の注文件数が2倍に(06/20)

動画配信アイフリックス、利用者が急増(06/20)

タックスホリデー効果、売り上げ2割増も(06/20)

新興ECのシティソーシャル、海外事業拡大へ(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン