インフォシス、米広告制作企業を買収

インドのITサービス大手インフォシスは30日、米国の広告制作会社ウォンドゥーディの買収が完了したと発表した。買収額は7,504万米ドル(約81億5,000万円)。

ウォンドゥーディは1993年設立で、米国のシアトルとロサンゼルスにスタジオを構える。同社は広告制作に加え、企業の経営戦略や市場調査、ブランディング、マーケティングを手掛ける。データ分析技術を生かし、デジタルと実店舗を融合したオムニチャネルの構築などに強みを持つ。顧客は通信会社から家電メーカーまで幅広い。

世界でデジタル化が進む中、インフォシスは買収を通じてデジタルマーケティングを強化したい考え。同社は南部カルナタカ州ベンガルール(バンガロール)と西部マハラシュトラ州プネ、米ニューヨーク、英ロンドン、豪メルボルンにデジタル関連サービスの拠点を持ち、ウォンドゥーディの2拠点を合わせて事業拡大を図る。


関連国・地域: インド米国
関連業種: IT・通信金融・保険マスコミ・出版・広告

その他記事

すべての文頭を開く

産業回廊整備、着実に前進 開発公社は日系の早期投資期待(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

インドも報復関税実施へ、8月から(06/22)

三菱ケミカル、地場社の塩ビ事業買収で合意(06/22)

独BASF、印に農業向け新製品20種類投入(06/22)

ボッシュ、向こう3年で170億ルピー投資(06/22)

ガス公社とウーバー、CNG利用促進で覚書(06/22)

LS電線、印に電力用超高圧ケーブルを供給(06/22)

鉄鋼タタ、東部新工場から鉄クロム出荷開始(06/22)

建設サンウエー、インド市場に再参入意向(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン