• 印刷する

インフォシス、米広告制作企業を買収

インドのITサービス大手インフォシスは30日、米国の広告制作会社ウォンドゥーディの買収が完了したと発表した。買収額は7,504万米ドル(約81億5,000万円)。

ウォンドゥーディは1993年設立で、米国のシアトルとロサンゼルスにスタジオを構える。同社は広告制作に加え、企業の経営戦略や市場調査、ブランディング、マーケティングを手掛ける。データ分析技術を生かし、デジタルと実店舗を融合したオムニチャネルの構築などに強みを持つ。顧客は通信会社から家電メーカーまで幅広い。

世界でデジタル化が進む中、インフォシスは買収を通じてデジタルマーケティングを強化したい考え。同社は南部カルナタカ州ベンガルール(バンガロール)と西部マハラシュトラ州プネ、米ニューヨーク、英ロンドン、豪メルボルンにデジタル関連サービスの拠点を持ち、ウォンドゥーディの2拠点を合わせて事業拡大を図る。


関連国・地域: インド米国
関連業種: 金融IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼大手、1Qは増収増益 輸出減少も国内需要が拡大(08/17)

〔寄り道〕「インドと中国の2大国に挟まれ…(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

人気SUV車種の販売失速、ビターラなど(08/17)

二輪車TVS、フィリピンで新モデルを発売(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

スクーターレンタルのボゴ、事業拡大へ資金(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

不振のジェットエア、関連会社の売却を検討(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン