精錬所建設の遅れ、国会が政府の対応批判

インドネシア国会はこのほど開かれた公聴会で、エネルギー・鉱物資源相令「2017年35号」で規定した、鉱山事業者による精錬所建設の義務化がほとんど進展していないことに対し、政府の対応を批判した。中には同相令施行から1年たつのに、建設に全く取り掛かっていない事業者もあった…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源政治


その他記事

すべての文頭を開く

千代田化工、マセラ鉱区の予備設計を受注(06/21)

首都空港スカイトレイン、9月に6両編成に(06/21)

中央銀行、追加利上げを検討へ(06/21)

東京海上、東南ア損保2社を428億円で買収(06/20)

80人乗りフェリーが沈没、北スマトラ州(06/20)

【予定】20日 金融政策決定会合の議事要旨公表ほか(06/20)

【訃報】樫尾和雄氏(カシオ計算機会長)ほか(06/20)

【データでみるASEAN】4月新車販売(06/20)

金融派生商品の市場活性化へ 地場取引所、インドネ同業と提携(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン