精錬所建設の遅れ、国会が政府の対応批判

インドネシア国会はこのほど開かれた公聴会で、エネルギー・鉱物資源相令「2017年35号」で規定した、鉱山事業者による精錬所建設の義務化がほとんど進展していないことに対し、政府の対応を批判した。中には同相令施行から1年たつのに、建設に全く取り掛かっていない事業者もあった…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源政治


その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

2被告の審理継続へ、金正男氏殺害事件(08/17)

非破壊検査TNDT、インドネで事業化調査(08/17)

貿産省、熱延コイル反ダンピング解除を検討(08/17)

中信金、東南アでのネット銀参入に意欲(08/17)

テイクオフ:ジャカルタでは最近、歩…(08/16)

【自動車特集】買いたい車はトヨタと五菱 日本車への評価堅調、迫る中国車(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン