有害物資廃棄で汚染、公共の危険証明なしで処罰

有害物質を違法に廃棄し、環境汚染を発生させた事業者への罰則を規定した「刑法」第190条第1項の改正案が29日、台湾立法院(国会)の第三読会(三読)を通過(=最終可決)した。これまで処罰の要件に入っていた「公共の危険を生じさせた」との文言を削除し、有害物質の廃棄によっ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

景気楽観指数、3カ月ぶりマイナス幅拡大(12:58)

テイクオフ:「こんにちは。●●候補…(10/22)

台鉄特急が脱線、18人死亡 負傷者187人、事故原因は調査中(10/22)

TSMC董事長、18年売上高1兆元突破に自信(10/22)

半導体ベンチャーの仏企業、台湾に海外初拠点(10/22)

光学デバイスの先進光電、中科に工場建設へ(10/22)

啓碁が茂迪の工場を買収、台湾での生産強化へ(10/22)

ステンレスの運ショウ、寧波の新工場を稼働(10/22)

台塑石化、米ルイジアナ州に工場用地取得(10/22)

愛之味、ネスレ飲料を年内に香港で発売(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン