• 印刷する

シンガポール航空、10月11日にNY直行便就航

シンガポール航空(SIA)は30日、10月11日に米ニューヨーク直行便を就航すると発表した。飛行距離は約1万6,700キロメートル、飛行時間は最大18時間45分で、直行便では世界最長のフライトになるという。31日から予約受け付けを開始する。

まずはチャンギ空港からニューヨークのニューアーク・リバティー空港に週3便を飛ばす。往路は月、木、土曜の出発。10月18日からは週7便のデーリー運航に移行する。

機材は最大1万8,000キロメートルほどの飛行が可能なエアバスの超長距離機A350―900ULRを使用。SIAは7機を発注しており、同機を就航する初の航空会社となる。最初の1機が9月に納入され、残りも年内に引き渡される予定。

SIAは2004~13年にシンガポール―ニューヨーク間の直行便を運航しており、5年ぶりに復活させる形となる。現在、ニューヨークへは独フランクフルト経由便をジョン・F・ケネディ空港に就航している。

A350―900ULRを用いて米ロサンゼルスにも直行便を飛ばす計画。具体的な就航日は追って公表する。ロサンゼルスには現在、韓国・ソウル経由便、東京経由便をそれぞれデーリー運航している。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:女子テニスの年間成績上…(10/23)

石油・ガス業界向けコンサル強化 横河電機傘下KBC、新ハブ設立(10/23)

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(10/23)

シグマ光機、来年1月に子会社設立(10/23)

セムマリン、FPSOの改修作業を受注(10/23)

UOB銀、オンラインで個人の手続き全て可能に(10/23)

株価反発、金融DBSは0.4%高(10/23)

ユーロカーズ、26日にサービス施設を正式開所(10/23)

電子行政サービスが指紋・顔認証で利用可に(10/23)

南洋大、V2X技術開発で民間事業者と提携(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン