• 印刷する

シンガポール航空、10月11日にNY直行便就航

シンガポール航空(SIA)は30日、10月11日に米ニューヨーク直行便を就航すると発表した。飛行距離は約1万6,700キロメートル、飛行時間は最大18時間45分で、直行便では世界最長のフライトになるという。31日から予約受け付けを開始する。

まずはチャンギ空港からニューヨークのニューアーク・リバティー空港に週3便を飛ばす。往路は月、木、土曜の出発。10月18日からは週7便のデーリー運航に移行する。

機材は最大1万8,000キロメートルほどの飛行が可能なエアバスの超長距離機A350―900ULRを使用。SIAは7機を発注しており、同機を就航する初の航空会社となる。最初の1機が9月に納入され、残りも年内に引き渡される予定。

SIAは2004~13年にシンガポール―ニューヨーク間の直行便を運航しており、5年ぶりに復活させる形となる。現在、ニューヨークへは独フランクフルト経由便をジョン・F・ケネディ空港に就航している。

A350―900ULRを用いて米ロサンゼルスにも直行便を飛ばす計画。具体的な就航日は追って公表する。ロサンゼルスには現在、韓国・ソウル経由便、東京経由便をそれぞれデーリー運航している。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

難民帰還の最優先を強調=スー・チー氏講演(08/22)

タイコン、シンガ系共有オフィス2カ所取得(08/22)

【予定】22日 チームスピリットが東証マザーズ上場ほか(08/22)

【訃報】古屋浩吉氏(前松屋社長)ほか(08/22)

テイクオフ:自宅のある東部から中心…(08/21)

東京都心の水族館をPR 横浜八景島、海外で観光客誘致(08/21)

【この人に聞く】NECが金融専門部門を設置 高まる新技術の需要に迅速に対応(08/21)

新医療費助成パッケージ、50年代生まれに提供(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン