大型事業見直しに疑問の声も HSR中止で新規雇用7万件消失

マハティール新政権による大型事業計画の見直しが波紋を広げている。国内総生産(GDP)比80%に達する政府債務の2割相当を大型事業の中止で削減できるとしているが、見直し対象とされる東海岸鉄道(ECRL)や環ボルネオ高速道路は着工済みで、地域経済の停滞が懸念されてい…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地では、出産した女性…(03/20)

2月の新車販売は1.8%減に 商用車2桁減、SUVがけん引役(03/20)

RM=27.3円、$=4.07RM(19日)(03/20)

空港MAHB、規制資産ベースで資金調達へ(03/20)

グラブ、配車キャンセル料最大5リンギ徴収(03/20)

エアアジア、ソニーの最上位ヘッドホン採用(03/20)

建設業、中期的に改善見通し=MIDF(03/20)

メトロニク、スマートシティで中国社と覚書(03/20)

ペトロベトナムの海外事業、大半が赤字(03/20)

ロッテ、インドネシア石化工場の整地で契約(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン