米スタバ8千店一斉休業、人種差別批判受け研修

【ニューヨーク共同】米コーヒーチェーン大手スターバックスは29日午後、米国にある8,000を超える全直営店を一斉に閉店した。4月に店舗で黒人への人種差別があったとして批判を浴びたことを受け、約17万5,000人の従業員に再発防止に向けた研修を行ったためだ。 スターバックスは…

関連国・地域: 日本
関連業種: 商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

5月の訪日マレーシア人、1.1%増の3.6万人(11:08)

スズキが中国てこ入れ検討、現地では撤退観測も(06/21)

テイクオフ:サッカーのワールドカッ…(06/21)

イオンモール2号店が開業式 東南ア最大、来店目標1400万人(06/21)

販路拡大、東南ア展開を探る ものづくり商談会、162社が出展(06/21)

18年の予測昇給率は3.3% JCCI説明会、雇用法改正も解説(06/21)

通関業務改善へ9項目提議、日本人商工会(06/21)

アウディ会長にスホット氏(06/21)

5月訪日客数、前年比27%増 格安エアアジアXが客層を拡大(06/21)

環境と物流を中心に改善要望 日本商会の白書、公平性求める(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン