外国人材に5分野で新資格、不足対策50万人規模

【共同】外国人労働者の受け入れ拡大を巡り政府は29日、人手不足が深刻な五つの業界を対象に就労のための新たな在留資格を創設する方針を固めた。6月に決定する「骨太方針」に盛り込み、早ければ今秋の臨時国会に入管難民法改正案を提出する。新資格で2025年までに50万人以上の受…

関連国・地域: 日本
関連業種: 雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

【書籍ランキング】5月31日~6月6日(06/18)

5月新規車両登録は15%減 乗用車と商用車が共に不振(06/18)

中国地方政府がFCV普及策(06/18)

IoTで現場が変わる=能率協会がセミナー(06/18)

「100年後も生き抜く」、トヨタ株主総会で社長(06/18)

日立、2社と協業でCCTVソリューション(06/18)

東芝と三井物産が提携、AI・IoT分野で(06/18)

大広、インドの広告制作会社に出資(06/18)

三井伊藤忠BHP合弁、WAで鉄鉱開発(06/18)

LINEが京都に開発拠点、外国人を積極採用(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン