外国人材に5分野で新資格、不足対策50万人規模

【共同】外国人労働者の受け入れ拡大を巡り政府は29日、人手不足が深刻な五つの業界を対象に就労のための新たな在留資格を創設する方針を固めた。6月に決定する「骨太方針」に盛り込み、早ければ今秋の臨時国会に入管難民法改正案を提出する。新資格で2025年までに50万人以上の受…

関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

日本支援で投資促進計画 事業環境改善を加速(10/19)

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

撮影スタジオ完備の教室開設 富士フイルムが世界初、首都に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

タダノ、海外向け部品供給センター設立(10/19)

Arinos、化粧品のネット通販開始(10/19)

イオンフィナンシャル、配車アプリ四輪融資(10/19)

日本とともに保護主義反対、中国商務省(10/19)

外資規制緩和でイオンが認可、商業省(10/19)

水銀ランプの生産終了へ、パナが水俣条約に対応(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン