1QのHIV感染142例、前四半期から増加

香港政府衛生署衛生防護センター(CHP)によると、今年第1四半期(1~3月)に142例のHIV(エイズウイルス)感染事例が報告された。前四半期(昨年10~12月、139例)から増加した。1984年以来のHIV感染事例は累計で9,233例となった。 性別では男性が122人、女性が20人…

関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

フードトラック売上、ディズニーが全体5割(00:29)

サービス業で高い採用意欲 本土客増で、不動産は慎重(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

外資系の香港拠点、日本が首位陥落(12/14)

香港、住宅政策が市場リスク抑制=IMF(12/14)

マカオと本土、CEPA貨物貿易協定を締結(12/14)

大湾区関連の新基金発足、企業と若者支援(12/14)

ETF通と香港株実名制を来年実現、SFC(12/14)

3日続伸、市場ムードが好転=香港株式(12/14)

日本信義、新ブランド「SJホーム」立ち上げへ(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン