• 印刷する

「高温休暇」の導入、労動部長が検討へ

台湾労働部(労働省)の許銘春部長は28日、気温が一定以上に達した場合に休暇を取得できる「高温休暇」制度の導入を検討する考えを明らかにした。現時点で具体的な計画はないとしたが、海外の導入実績を踏まえ、台湾での導入を検討していく方針。29日付経済日報が伝えた。

労災の防止などを目的に定めた「職業安全衛生法」では、屋外で作業する従業員に対し、気温が一定以上に達した場合には雇用主が十分な休息や水分を与えるほか、太陽光を遮る設備を設置するなど従業員の健康を守るための対策を取るよう義務付けている。ただ、労働部は「同法の規定は、従業員の安全を保障するものであり、休暇という観念で想定したものではない」と強調した。

また高温休暇は、誰に対して、どのような条件が適用されるのかが制度設計の重点となるが、「高温」と認められる気温は土地によって異なるため、海外の事例をそのまま適用することはできないとしている。

中国上海市では、毎年6~9月に屋外または勤務場所の気温が33度を上回る場合、従業員に対して月200人民元(約3,400円)の「高温手当」を支給することが義務付けられている。こうした措置は、北京市や広東省広州市でも採用されている。

高温休暇の導入を検討する意向を明らかにした労働部の許銘春部長=28日(中央通信社)

高温休暇の導入を検討する意向を明らかにした労働部の許銘春部長=28日(中央通信社)


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

資策会、華為製品を内部ネットワーク接続禁止(12:56)

テイクオフ:新内閣が発足し、新たな…(01/16)

日立、台鉄から特急600両受注 1600億円、21年以降の新型車両に(01/16)

工研院、華為製品を内部ネットワーク接続不可に(01/16)

華邦電子、420億元の協調融資契約(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

保護デバイスの興勤、高雄楠梓工場を拡張(01/16)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(350)(01/16)

受動デバイスの禾伸堂、桃園に新工場(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン