29日指数は反落、高値圏で売り優勢に

29日の台湾株式市場で加権指数は反落。終値は前日比23.65ポイント(0.22%)下落し10,964.12ポイント、売買代金は1,390億2,500万台湾元(約5,040億円)だった。 28日はメモリアルデーで米国市場が休場。29日の台湾市場は、米国株の手掛かりがないことから、朝方は模様眺めの雰囲気…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バットから放たれた白球…(04/25)

受注維持へ、賃上げ回避 看見カンボジア(2)国境地域に解(04/25)

ASUS、インドのノートPC市場で存在感(04/25)

科妍、仏マコファルマと販売ライセンス契約(04/25)

生活用品最大手の小北百貨、500店展開へ(04/25)

「餃子の王将」、台北1号店が27日オープン(04/25)

東元、トルコアイス「MADO」1号店開店(04/25)

外食の王品、上海に新ステーキレストラン(04/25)

20社超が参加、長春金融大楼は泰安産険が落札(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン