自国以外に住みたくない、独自帰還のロヒンギャ

【シットウェ(ミャンマー西部)共同】ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャで、隣国バングラデシュの難民キャンプから独自に帰還した男性らが28日、西部ラカイン州マウンドー郊外の難民関連施設を訪れた丸山市郎・駐ミャンマー大使と面会した。男性らは「自分の国以外に住…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

ティラワで新区画の販売開始 7月から、さらに拡張も視野(06/20)

石油ガス鉱区の生産分与契約、条件を見直し(06/20)

日本との貿易額、4月は1.5億米ドル(06/20)

国連特使がラカイン州訪問、ロヒンギャと面会も(06/20)

スー・チー氏、73歳に=「心の平和」強調(06/20)

ヤンゴンでコメ値上がり予想、備蓄米を供給(06/20)

動画配信アイフリックス、利用者が急増(06/20)

ミッソンダム、中国が再開意欲あらためて表明(06/20)

カチン人道団体、治安当局から支援中止圧力(06/20)

モン州の洪水で千人避難、40年で被害最悪(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン