17年のサイバー攻撃、予想損害額340億ドル

米調査会社フロスト&サリバン(F&S)の調査によると、2017年にインドネシアの企業が受けた、サイバー攻撃の被害件数は2億500万件以上だった。直接損失や顧客からの信用失墜などによる被害総額は340億米ドル(約3兆7,000億円)に上る。28日付ジャカルタ・グローブが伝えた。 …

関連国・地域: インドネシア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

プラデルタ、アリババなどに事業用地販売か(12/14)

タイルの生産増加へ、セーフガードが追い風(12/14)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

年末年始のトラック通行規制、大臣令を公布(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

亜鉛メッキ鋼板の年産能力、来年40万トンへ(12/14)

LPG製造スルヤ、アンモニア生産を倍増へ(12/14)

電通イージス、初の女性CEOが就任(12/14)

ゴーゴープリント、インドネシア企業買収(12/14)

BPバタムの運営権限、バタム市に委譲(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン