17年のサイバー攻撃、予想損害額340億ドル

米調査会社フロスト&サリバン(F&S)の調査によると、2017年にインドネシアの企業が受けた、サイバー攻撃の被害件数は2億500万件以上だった。直接損失や顧客からの信用失墜などによる被害総額は340億米ドル(約3兆7,000億円)に上る。28日付ジャカルタ・グローブが伝えた。 …

関連国・地域: インドネシア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

アジア大会で5G体験サービス、KT(16:06)

国営石油、石化TPPI親会社の筆頭株主に(17:27)

パプア州分離独立派が攻撃、将校ら2人死亡(17:05)

小売りヘロー、非食品販売の売上高が27%増(16:51)

テイクオフ:18日に待望のジャカル…(08/20)

教育と人材育成への優先配分 予算案、歳出入とも過去最大に(08/20)

EUとのFTA交渉、豪の自動車税廃止検討(08/20)

三菱自、MPV「エクスパンダー」を発売(08/20)

ロンボク島でM6.3、1人軽傷 津波なし(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン