中国外務省、世界に向け雄安新区をPR

中国外務省は28日、世界に向けて河北省保定市の新興開発地域、雄安新区の周知活動を行った。王毅国務委員兼外相は出席した各国の大使館関係者や企業関係者に対して、雄安新区開発への支援や参画を呼び掛けた。 新華社電などが伝えた。約160カ国・地域の国家機関、国際組織、経済界…

関連国・地域: 中国-河北
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:チャットアプリ「微信(…(08/15)

【新PUV】始動したジプニー近代化(下) ペソ安打撃、部品の現地化に課題(08/15)

マカオカジノ業界が堅調 貿易摩擦も「影響軽微」(08/15)

車載電池メーカーに淘汰の波 中小の資金繰り悪化、大手集約へ(08/15)

豪電力企、日本と石炭火電計画 4年半で千MW規模も(08/15)

22年までに中国支援の18事業着工、NEDA(08/15)

雲南省系企業、河川港の土地で商業施設着工(08/15)

7月の鉱工業生産6%増、固定資産投資不調(08/15)

FPCの同泰、中台で生産能力増強(08/15)

商務省「影響を注視」、米国防権限法成立で(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン