• 印刷する

新興カンボジアエア、1号機が到着

新興航空会社のカンボジア・エアウェイズは、初の機体となる短距離旅客機エアバス319が到着したと発表した。年内に7機が納入される見通し。プノンペン・ポスト(電子版)が29日に伝えた。

同社は、地場プリンス・インターナショナル・エアライン(PIA)の全額出資子会社で、来月に第2機、年末までにさらに5機が追加される計画。向こう5年で20機を導入する予定だ。

カンボジア民間航空局(SSCA)に航空運航事業許可(AOC)を申請中で、航空機の到着は7月の運航に向けて弾みになるとしている。当初は、中国や台湾、香港、マカオなどの路線を運航し、将来はオーストラリアや欧州への就航を目指す。

カンボジア・エアウェイズの関係者は、カンボジアは年約7%の経済成長を続けており、国内の航空業は今後大きく飛躍する可能性が高いと語った。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

上場企業に新税優遇措置 免税対象拡大、経済活性化に弾み(01/18)

EU向けのコメに輸入制限、18日発動(01/18)

縫製・製靴工場の8割、月2回賃金開始(01/18)

18年の工場新設、19%増の178件=工業省(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

スバイリエンの靴工場で休業補償求め抗議(01/18)

独BASFが子会社、販路開拓へ(01/18)

シアヌークビル、ゴミ回収車など増強(01/18)

覚醒剤3.3キロ密輸疑い、男を告発(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン