伊チョコのフェレロ、印で200億ルピー投資

チョコレート菓子などを展開するイタリアの食品大手フェレロは、インドに向こう3年で200億ルピー(約323億円)を投じる計画だ。溶けにくいチョコレート商品を開発する。タイムズ・オブ・インディア(電子版)が29日伝えた。

フェレロはインドでチョコレートの「ロシェ」や「キンダー」、チョコペースト「ヌテラ」などを販売している。フェレロ・ロシェ・インディアのステファノ・ペレ社長は「ロシェは通常30度で溶け始めるが、インドのような熱帯地域で販売する商品は溶ける温度を高くする必要がある」と説明。商品は西部マハラシュトラ州を含む世界の研究開発(R&D)施設で開発する。他の熱帯地域への輸出も視野に入れる。

フェレロは2007年から累計150億ルピーをインドに投じてきた。昨年の売上高は100億ルピー。ペレ氏は「低温物流網(コールドチェーン)の未発達がネック」と話した。


関連国・地域: インド欧州
関連業種: 食品・飲料金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

スズキが中国てこ入れ検討、現地では撤退観測も(06/21)

テイクオフ:インドへ旅行に訪れた人…(06/21)

首都圏で駐車場整備進む 地場社、IoTで運営支援(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

CKビルラ傘下、EV部品などに60億ルピー(06/21)

EV製造業者協会、5つの部会を設置(06/21)

エアアジア、印当局の被害証明の内容を否定(06/21)

タタ自、商用車のラインアップを拡充(06/21)

シロップの仏モナン、南部に工場設置(06/21)

北部州がパタンジャリに土地提供、計画前進(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン