• 印刷する

テイクオフ:首都ジャカルタのスカル…

首都ジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港で、スーツケースを盗んだとして逮捕された容疑者は15歳の少年だったことが、世間をにぎわせている。約2年前に開業した第3ターミナルで、過去1年に5回も窃盗を繰り返していた。

犯人は、到着客の荷物が流れてくるターンテーブルに近づき、目星をつけたスーツケース2個を盗んでいた。旅行帰りの犯行でなく、ターミナルの出口から侵入したという。警備員に尋ねられても、荷物を取り忘れて戻って来た乗客のふりをしたらしい。

首都の玄関口である空港、それも新しいターミナルでの盗難事件で、セキュリティー対策の弱さが露呈した。6月中旬のイスラム教断食明け大祭(レバラン)前後の長期休暇は、空港が混雑する時期。盗難事件を機に、監視は強化されるだろうが、一時帰国や旅行する方々は、預かり荷物にご注意を。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

大統領選候補者が確定、23日から選挙運動(09/21)

流通たばこ、100箱のうち7.04箱が違法品(09/21)

製薬カルベ、健康食品数を7年後に4倍へ(09/21)

首都にごみリサイクル施設 大崎町、州政府と協力し事業化へ(09/21)

来年6月までコメ輸入停止を、食糧調達公社(09/21)

ハラル製品の生産体制強化、工程表策定で(09/21)

公共交通の運賃統合、ジャカルタ政府が検討(09/21)

首都空港鉄道、利用者数が伸び悩み(09/21)

AP2、4空港の投資誘致で政府機関と覚書(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン