テイクオフ:首都ジャカルタのスカル…

首都ジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港で、スーツケースを盗んだとして逮捕された容疑者は15歳の少年だったことが、世間をにぎわせている。約2年前に開業した第3ターミナルで、過去1年に5回も窃盗を繰り返していた。

犯人は、到着客の荷物が流れてくるターンテーブルに近づき、目星をつけたスーツケース2個を盗んでいた。旅行帰りの犯行でなく、ターミナルの出口から侵入したという。警備員に尋ねられても、荷物を取り忘れて戻って来た乗客のふりをしたらしい。

首都の玄関口である空港、それも新しいターミナルでの盗難事件で、セキュリティー対策の弱さが露呈した。6月中旬のイスラム教断食明け大祭(レバラン)前後の長期休暇は、空港が混雑する時期。盗難事件を機に、監視は強化されるだろうが、一時帰国や旅行する方々は、預かり荷物にご注意を。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米国、東南アジアに農産物輸出拡大目指す(07/20)

ガルーダ航空、ロンドン直行便の廃止を検討(07/20)

ユーロ4適合車向けにバイオ混合油改善を(07/20)

ハイアール、32%成長狙う ミドルハイ商品さらに強化(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

独系ボッシュ、二輪好調で今年も2桁増収(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

起亜、「グランドセドナ」新型モデルを発売(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

年内着工予定のチカラン内陸運河計画が頓挫(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン